学校ブログ

5月13日(木)理科 電気の流れや大きさ調べをしています

5月13日 この日の3年生の理科は、電球や電流計などを使って実験をしていました。

A・B・C・Dのそれぞれの地点がどれくらいの大きさの電気が流れているか

まずは電気の流れを手でなぞって確認して・・・

それぞれの地点に電流計を入れるにはどんな風につなげたら良いか工夫しながら・・・

電流計の針が正しく動くか、また、どれくらいの大きさの電気が流れているのか測定します。

正しくつなぐのが難しそうでしたが、それぞれグループごとに協力しあって、和気あいあいと実験をしていました。

針が「ぐぐ!」っと動いたときは、「やった!」という歓声があがっていました。

「電気」といったら難しいイメージがありましたが、

この日の理科の授業では、そんなことはみじんも感じない楽しい「電気」の授業でした。