RSS2.0
社会は、現在歴史分野をやっています。 「いざ、鎌倉!」のところです。 歴史というのはとても深く、とても興味深いものが多々あります。 今日の歴史の面白いところは…… 「鎌倉時代の武士は必ずサルを飼う」という話です。 「いざ、鎌倉!」の時代は、いついかなるときに戦いに出るかわからない時代です。 武士は、声がかかると、すぐに馬に乗って戦いにいきます。 馬は、戦いに必ず必要なものなのです。  その馬を守るために、武士はサルを飼います。 それはなぜか。 なんと、馬はカッパに襲われる可能性があり、 そのカッパから馬を守ってくれるのはサルだといわれていたからです。 昔から、 サルは、馬の病を治したり、 馬の世話をするなどといわれ、 馬の守り神とされています。 そういうのも影響していたのかもしれませんね。 諸説があるので、上の話は、あくまで諸説の中の一つにお話し。 馬にサル……とても不思議な関係の話ですね。 とても面白いなあ、と思わせるお話でした。                  
10月17日(土) ユニセフのボランティア参加にして.pdf   10月17日(土) 埼玉県ユニセフ協会で行われたボランティアに2年生8名で参加しました。 その時の感想をこの日までに提出するようにしていたのですが、ほぼ集まったのでその感想文を載せます。 長文なのと、写真がありますので、添付ファイルにします。ぜひご覧ください。
今、音楽の授業では、手話歌をやっています。生徒が今練習している『世界中のこどもたちが』の歌詞は、簡単な手話で表現することができます。何回か練習しただけで、みんな覚えることができました。しかし、実際に歌いながらやってみると少し難しいです。すると、先生が「まちがえても大丈夫ですよ、自由にやってみましょう!」と言ってくれました。みんなリラックスして、歌と手話を楽しんでいました。
先週から週2回、中国語を話せるアシスタントティーチャーさんが陽春分校に赴任しました。 3年生の中国人の人たちは、大喜びです。先生の人柄もとても良いので、生徒たちにも大人気です。先週今週と、家庭科の授業にアシスタントティーチャーさんが来てくれているのですが、よくわかる、よくわかる、と大評判です。 生徒の一人は、「アシスタントティーチャーさんがきてくれて、ベリーベリー嬉しい!」と日本語と英語を交えて話していました。 これからも中国人の人たちを中心に、生徒へのフォローをお願いします。 ↑は、アシスタントティーチャーさんに群がって教えてもらう生徒の写真です
2年生の国語は、古典『枕草子』を学習しています。枕草子は「春はあけぼの」から始まる日本では有名な作品です。日本の四季の美しさを表しています。このクラスは、全員外国育ちの生徒です。日本語を勉強中の生徒たちにとって、日本語の昔の言葉はとても難しいと思います。しかし、季節の変化は誰にとっても身近なものです。生徒たちは「春といえばお花がたくさん咲く」「夏といえば川」など、それぞれの季節のイメージを発表していました。枕草子の学習を通して、日本の四季の美しさを感じて欲しいです。
陽春分校は、去年の4月開校しました。今使っている校舎は、去年の3月まで誰も使っていませんでした。当たり前ですが、樹木は軒並み伸び放題になっていました。去年の4月から業者さんや校務員さんが伐採をしてくれて、次第に学校が学校らしくなってきました。 今年も業者さんが剪定に来てくれたのですが、業者さんはすごいです。高い木の上をスイスイと登ってバッサバッサと切っていきます。   開校当時と比べると、学校がどんどんきれいになっていきます。夜は気づきにくいですが、明るいときだと、明らかに学校が変わってきているのがわかります。校務員さん、業者さんに感謝です。
2年生の日本語は、「△△で、〇〇をしました」「私の趣味は〇〇です」という内容を学習しています。先生に続いて、大きな声で、例文を読んでいました。繰り返し声に出すと、覚えやすいですね。その後、1人ずつ先生から「あなたの趣味はなんですか?」と聞かれ、全員、スムーズに答えられていました。みんなの趣味を聞くこともできて、楽しい授業でした。    
融解…というと、難しい感じがするかもしれませんが、理科の授業です。 個体→液体の変化を言います。 この変化の実験を行いました。 新型コロナウイルス対策のため生徒は離れて実験を見る、 という形になっていますが、とても熱心に眺めていました。 新型コロナウイルス対策をしながらの授業で、 実験もなかなか難しい状況ですが、先生方も工夫して授業しています。 早くひとりひとりやグループなどで協力して実験ができると良いですね。      
9月17日(木)に国際箸学会の方2名を招いて、箸についての学習をしました。 その一つが「箸ピー」と呼ばれるゲームです。 いろいろなクラスでその「箸ピー」の授業で行ったのですが、 今後は、授業中ではなく、授業前の毎日4:50~5:00に「箸ピー」をやることにしました。 早く来られる人は、どんどんやっていってくれたら、と思います。 ちなみに、10月12日(月)の初日は5名ほどの生徒が行っていました。 二日目はそれほど多くありませんでした。 毎日来るのは難しいかもしれませんが、 時間があるときは早めに登校し、「箸ピー」をやってみてください。      
11月6日(金)に生徒会役員選挙が行われます。 それに向けて、第1回の選挙管理委員会が開かれました。 10月13日公示、そして生徒会役員の立候補の受け付けが始まります。 陽春分校を背負っていく人を決める大切な選挙です。 選挙管理委員の皆さん、選挙の準備等いろいろ大変ですが、よろしくお願いします。      
今年はどの教科もコロナウイルスの関係で市展、県展が開かれない状況が続きましたが、国語も同様で、毎年行われている硬筆展が中止となりました。そこで、校内で硬筆展、という形で、硬筆の作品を掲示しました。作品を見ているだけで、みなさんが一生懸命書いている姿が頭に浮かんできました。文字の濃さ、太さなどにみなさんの個性が出ています。日本語が母国語ではない生徒も多くいますが、そうは思えない素晴らしい出来です。 字は体を表す、という格言がありますが、文字からいろいろなものが見られ、感じられる作品ばかりでした。  
10日ぐらい前に、校務員さんがもらいものの水槽を持ってきてくれました。その水槽を見た理科の先生が、水草を入れてくれました。水草だけが寂しく揺れている状態が何日か続きました。水草だけの水槽を見た生徒が「近所の方からたくさんもらったので」とメダカの稚魚を9匹学校に持ってきてくれました。今、とても小さくてかわいいメダカたちが、のんびり泳いだり、エサを食べたりしています。その様子を見て、生徒も先生も毎日癒されています。今後のメダカの成長がとても楽しみです。
以前もお伝えした日本文化の羽子板づくりですが、 完成が近いです。 因みにお店で売っているのはこれです。 上のような羽子板を作るために、生徒は自分たちの思い思いの「羽子板」を一生懸命に切ったり、削ったり、磨いたりしていました。 お店で売っているものに近い状態の「羽子板」になってきています。 とても上手です。 完成したら、みんなで「羽子板」の遊びを楽しむとのこと。 みんなで打ち合える日が待ち遠しいですね。    
家庭科の集中授業からこの日から始まりました。 10月5日(月)~10月30日(金)1か月間行われます。 この日は、 人生100年時代を「いきぬく」ためには? というテーマのもと、様々な視点から講義が行われました。 内容が簡単ではなかったのですが、生徒は真剣に聞き入っていました。        
7月からずっと準備、練習をし続けた運動会がありました。 走ったり、跳んだり、投げたり、蹴ったり…… 1人1人が真剣に取り組んでいました。 満月のもと、みんなの笑顔、真剣な表情がとてもすてきでした。    
毎日机やイスを吹いて除菌をしている陽春分校の生徒たち。除菌で使う布がどんどん減っていく中で、今まで、1日1枚を徹底していたのですが、それでも少なくなってきました。最近では、布に変わるキッチンべーバーを代用したりもしています。そんな中、1年生の生徒が「少ないですが家にあったので使ってください」といって、布を持ってきてくれました。 けして少ない量ではなく、何枚もあり、とても有り難いものでした。 こういう気遣いがとても嬉しいです。みんなで作っていくいい学校だなあ、と改めて思わされました。
いろいろなことにチャレンジする日本文化の授業ですが、今日の日本文化は「羽子板づくり」でした。 上の電動のこぎりを使って羽子板の形に板を切ります。すると、まだ作成の途中ですが、以下のような感じになります。 最終的には、羽子板の形にきれいに木を切り落とし、ヤスリで削って、色をつけて完成です。全員が作業をとても楽しそうにやっています。 早く完成できると良いですね。
今、1年生の日本文化では、寸劇をしながら日本語を学ぶ、スキットという授業をしています。見本のドラマを見た後、それぞれ練習をして、みんなの前で発表しました。発表してくれたグループは、それぞれ内容が違います。例えば、焼きそばパンについてのお話のグループは、筆箱を焼きそばパンに見立てて楽しそうに演じていました。日本語の授業ではなかなか出てこない、砕けた話し言葉の表現を、寸劇を通して知ることができて、より学びが深まった感じがしました。 ※台本 ※実際の画像
運動会が延期になったということで、体育は今週も運動会練習です。とてもスムーズに練習が出来、生徒もとても楽しそうでした。 運動会が延期になったのは残念でしたが、練習が増えたのは良かったかもしれませんね。