令和4年度のスタートにあたって

                              校 長  星野 泰久

 川口市立芝西中学校陽春分校は平成31年4月に埼玉県内初の夜間中学校として開校し、4年目迎える公立夜間中学校です。11月には、本校で、全国夜間中学校研究大会が開催されます。

 始業式では、「中学校を卒業したい、高校進学目指して勉強したい、日本語や日本の文化・マナーを学習し日本の中学校の学習をしたいなど、入学の目的を再確認し、今年度を送ってほしい」と、入学式では、「遠いところから、仕事が終わってから来る人、日本語が十分理解できない人など、それぞれの事情がある中、しっかり学習できるかどうか不安もあると思います。陽春分校は年齢や住まい、国籍など多くの垣根を取り払い、学びたいという人は誰でも、安心して学ぶことができる学校です。」と話しました。生徒のために、教職員がひとつのチームとなって、勉強に、行事に全力で教育活動を進めてまいります。

 

  学校教育目標 「豊かな心を持ち、たくましく生きる生徒」

  目指す学校像 「すべては生徒のために 笑顔と感謝あふれ、きれいな学校」

         〇生徒にとって 「通って楽しく、笑顔で生活できる学校」

         〇教職員にとって「働きやすく、やりがいのある学校」

         〇地域にとって 「地域の誇りと思える学校」

 

 これまでの3年間で、「笑顔で学校生活を送っている」、「学校に通うのが楽しい」、「ありがとうの言葉や思いやりのある行動ができる」生徒が増えていると感じています。今年度は、「笑顔と感謝あふれる」に「きれいな学校」を加えました。自分たちが生活を送る環境を整え、学校に感謝の気持ちを込めた清掃活動等に取り組み、「豊かな心、たくましく生きる」の実現に近づけてまいります。

 保護者・家族の皆さまの温かいご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。