学校ブログ

10月23日(金)鎌倉時代にサルを飼う理由が面白いです(諸説あり)

社会は、現在歴史分野をやっています。

「いざ、鎌倉!」のところです。

歴史というのはとても深く、とても興味深いものが多々あります。

今日の歴史の面白いところは……

「鎌倉時代の武士は必ずサルを飼う」という話です。

「いざ、鎌倉!」の時代は、いついかなるときに戦いに出るかわからない時代です。

武士は、声がかかると、すぐに馬に乗って戦いにいきます。

馬は、戦いに必ず必要なものなのです。

 その馬を守るために、武士はサルを飼います。

それはなぜか。

なんと、馬はカッパに襲われる可能性があり、

そのカッパから馬を守ってくれるのはサルだといわれていたからです。

昔から、 サルは、馬の病を治したり、 馬の世話をするなどといわれ、 馬の守り神とされています。

そういうのも影響していたのかもしれませんね。

諸説があるので、上の話は、あくまで諸説の中の一つにお話し。

馬にサル……とても不思議な関係の話ですね。

とても面白いなあ、と思わせるお話でした。